FC2ブログ
子育てにゃんこ育て

我が子とネコとの暮らしを、旦那のイラストと共に綴る、新米ママの絵日記です。
2010/09/22(Wed) 08:56  にゃんちゅう家出!?
昨日は我が家でちょっとした事件が起こりました。

スーと晩御飯を食べていると、
仕事を終えたとーちゃんが帰宅し、
「ただいま~」の声が聞こえたと思ったら、、

「あ!にゃんちゅうが出てったっ!!」

・・・!?!?

ビックリして玄関まで走っていくと、
スーも慌てておいかけてきて、
「にゃんちゅう?にゃんちゅう?」
と心配そうな声で話しかけていました。


結局にゃんちゅうは車庫に駆け込んでいて、
家出には至らなかったのですが、、

動物病院に行く以外は家から出たことがなく、
外に出ることに極端に怯えるにゃんちゅうが、
自ら外に飛び出そうとしたのでビックリ。

普段寂しかったり、
スーに絡まれるのを我慢してるのがストレスになって家出したくなっちゃったのかなと反省。


もちろん、スーはそんなことはまったくおかまいなし。

エサのお皿にエサを入れて、
「にゃんちゅう~ご飯だよ~食べなさい!」
と言って無理矢理エサのお皿の近くに連れていこうとするし、、
(自分も食べずに怒られるくせに、、苦笑)

にゃんちゅうに足をかみつかれたわたしをかばうように飛んできて、
「かーむーな!」
と言ってペシペシ叩いたり、、
0356.jpg

にゃんちゅうには屈辱的だったのでしょう。

ものすごい剣幕で旦那くんの部屋に駆け込んでいったとか。


にゃんちゅうがスーに甘えてゴロゴロするようなシーンが見られる日は、
訪れなさそうだなぁ。。苦笑
スポンサーサイト



未分類 | CM:0 | TB:0| edit
2010/09/08(Wed) 09:00  すーちゃん語録
最近よく喋るスー。

朝の挨拶「はーよー」に始まり、
寝る前の挨拶「ぉやーしゅみー」まで、
よく会話に出てくる言葉は一通り喋るようになりました。

最近よく口にする言葉は。

「はっちっみっちゅっパンー」
(パンにハチミツ塗って食べたがる)

「おかきトマト♪」
(おかき=おばけ。何にでも「おかき」をつける。。
トマトの場合はなぜかリズムよく歌う。)

「しぇみ、ドーン!」
(とーちゃんが自転車で走ってたら蝉がおでこにドーン!とぶつかってきた。
というエピソードをとーちゃんが話していたら、
やたら言うように。。)
0354.jpg

「スイスイ、がぶーっ」
(井の頭自然文化園の水生物館で、
亀が魚にかぶりついてた状況を表しているらしい)


そして極めつけは、、
「きも~い」。。

「とっちゃんきも~い」
「かっちゃんきも~い」
「にゃんちゅうきも~い」
など、色んな人に言うからやめてほしいー。。
まぁ、そんな言葉を発してるわたしたちがいけないんですが。。
ほんと大人の言うことをちゃーんと聞いちゃってるんですよね。

言葉の使い方には気をつけないと。。
未分類 | CM:0 | TB:0| edit
2010/09/06(Mon) 06:46  井の頭自然文化園
昨日は井の頭自然文化園へ行ってきました。
ずっと行ってみたいと思いながらも足を運んだのは初めて。

モルモットのふれあいコーナーやら、
63歳のゾウの花子がいたり、猿山にたくさん戯れる猿がいたりと、
規模こそ小さいものの、想像以上にたくさん動物がいて、
吉祥寺らしい(?)ゆる~い雰囲気が心地良い動物園でした。

1~3歳くらいの小さい子には、
ちょうどいい規模感なんじゃないかな?

以前に、上野動物園に連れて行ったときには、
動物よりも動物の前にある柵のボルトにばかり興味を示していたスーですが(苦笑)、、

今回は本人が成長したこともあってか、
うごきまわる動物に興味津々のようでした。

モルモットのふれあいコーナーでは、
「あっこ!あっこ!」と言って抱っこしたい様子を見せながらも、
実際に抱っこさせようとすると、「いやいや~、こわ~い」と言って逃げる。。

どの動物も、遠くから見るのはよくても、
近づくと「こわ~い」ようでした。


散々いろんな動物を堪能したあと、お魚だいすきなスーに見せたくて、
水生物館に連れて行きたかったのですが、
気づけばすでにスーは疲れてかなりねむーい状態。

目がとろ~んとしていたのですが、

「スー、おさかな見たい!?」と聞くと、
とろーんと今にも閉じてしまいそうな目の中にきらーんと光が見え、「うん」と答えるので、
寝かせないよう「おさかな♪おさかな♪」とテキトーな歌を歌って、
寝かせないようにして水生物館への道を急ぎ、、

なんとか寝てしまう前に水生物館へ到着!!

大好きなお魚がたくさんいる水槽に「スイス-イ!」と喜び、
これまたたくさんいたカエルに、「けろけろぴょん!」と大喜び。
0353.jpg


昨日はあまりの暑さに、とーちゃんもかーちゃんも途中でバテそうになっていましたが、
(木がたくさんあって、木陰は涼しかったのがせめてもの救い)
嬉しそうなスーの笑顔を見て、連れてきてよかったなぁと思いました。


井の頭自然文化園、ちいさな子供連れの方におすすめです☆
ある出来事(1歳~) | CM:0 | TB:0| edit
2010/09/03(Fri) 09:05  怒るか耐えるか
最近スーは食事中に怒られてばかり。

お箸をポーイと机の下に投げ捨てたり、
自分の取り皿にひたすら食べ物を取り分けておきながら全然食べず、
それでもまた取り分けようとしたり、
好きなものばかり口にして、ちょっと嫌なものを口にするとべーっと吐き出したり。。

その度にとーちゃんにぺちっと叩かれて本気で怒られている。。

何度も同じことで怒られているのに繰り返すスー。


もうほとんど言葉は理解しているはずなんだけど、、
分からないフリをしているだけなのか、
怒られている時のとーちゃんの様子にビビって、
肝心な怒られてる内容には耳を傾けられずにいるのか、、

しつけは大事だけれど、ここまで怒る必要はあるのか?と思うこともしばしば。(なんて言ってごめんね、とーちゃん!)

甘やかしてはいけないけれど、
なるべく怒らなくて済むように、親が意識的に環境を整えてあげる努力や工夫も必要なのかな、
とか悩んだりする今日この頃です。

例えば、料理を大皿にドンと乗せるから、そこから取るという行為がしたくなってしまうのかもしれないから、
それぞれの分用にちゃんと取り分けて、トレイとかに乗せてあげる、
とかその類の工夫。


最近、シュタイナーやらモンテッソーリやらの本を読んでいて、
子供が「やりたい!」という気持ちを親がサポートしてあげることって大事なんだなぁとひしひしと感じています。


子供の甘えやいたずらを、ただの悪いことと捉えず、
何かやりたいという気持ちが根底にある行為と捉えると、、
子育てには豊かな想像力と、やりたいけどなかなかできない子供にサジ投げずに付き合う忍耐が必要。

でもそれって、必要な忍耐なのかなぁという気がする。

「育児=育自」と言われる理由がなんとなくわかるなあ。。


実際にやるのは決して簡単なことではないですが、
スーが何をしたがっているのか、行動の裏側にある気持ちを汲んで、
サポートしてあげられるよう、少しずつ心がけていこうと思います。
0352.jpg
未分類 | CM:0 | TB:0| edit
2010/09/01(Wed) 18:07  かわいいウソ
最近スーは嘘をつく。

わたしのご飯の支度を待つのに飽きはじめると、おもむろに階段のほうに走り出して、、

「とぉっちゃん、ごぁーんだぃっ!」

と、上の階にいるとーちゃんに大声で呼びかける。
(本人は一応、「とーちゃんご飯だよ~」と言ってるつもり。笑)

前は、わたしが「お父さんご飯だよって呼んできて」って頼んだときに呼んでくれてたのですが、
最近は特に頼んでもいないのに呼んでいたりします。

そんなかわいい嘘にハメられて、居間に降りてきてしまったとーちゃんは、
「呼べばとーちゃんに会えると思ったの?
スーはほんっととーちゃん好きだなぁ」
と、親バカぶりを発揮しています。笑
0351.jpg
未分類 | CM:0 | TB:0| edit