FC2ブログ
子育てにゃんこ育て

我が子とネコとの暮らしを、旦那のイラストと共に綴る、新米ママの絵日記です。
2009/03/31(Tue) 23:22  家族が増えて、ありがとう!
今日はスーの生後約4か月にしてやっとのお宮参り。

寒くてなかなか外出ができなかったり、
せっかくなら両家みんなで行きたいという理由により、
こんなに遅くなってしまいましたが、、

宮崎県日南市内の、安産や育児の神様のいる鵜戸神宮へ、
両家6人+スーで向かいました。

鵜戸神宮は海辺の洞窟の中に本殿のある、とても神秘的な場所。

どういうわけかぎゃんぎゃん泣いてご機嫌斜めだったスーも、
祈祷が始まって太鼓の音が鳴り始めた途端、
急に泣きやんで、眠るわけでもなくじーっとお祓いを受けていた。

ただものではない何かを感じたのかな?

お祓いを受けながら、なぜかスーが生まれたときのことを思い出したりして、
ちょっぴりうるっときてしまったわたし。。

0071.jpg

本殿の中に入ってお祓いを受けたのは、
記憶の中では生まれて初めてで、
なんだか心が洗われたような気分で。

改めて、スーの命を授かったことへの感謝の気持ちでいっぱいになったお宮参りでした。


そしてお昼は旦那くんのお父さんが連れて行ってくださったお店で、
またしてもおいしい宮崎の海の幸をたくさんいただき、
いったん、またおうちへ戻ってティータイム。

もう、一同はスーに夢中!

スーが笑う度に全員が「あ~笑った笑った!」と大騒ぎ。
じいちゃんばあちゃんは次々に「抱っこ抱っこ~」とスーに近寄るし、
それでまたスーが笑うもんだから、みんな頬がゆるみっぱなしでした。

そんなじいちゃんばあちゃんの姿は、
本当にほほえましくて、心がほっこり。

それまでそこまでスーに興味のなさそうで、
抱っこもあまりしようとしなかったわたしの父も、
表情を見せるようになったスーがかわいくて仕方がないようで。

しきりに抱っこしようとしている姿が、
わが父ながらかわいらしいなと思ってしまいました。(笑)


わたしの両親は今日、東京に戻って行きましたが、
両家でこうしてスーを囲んでほのぼのする時間がもてて、
本当によかったなぁと思います。


スーのおかげで、わたしたちの家にさらに笑顔が増えた。
そんないとおしい存在に、今日も感謝感謝です。
スポンサーサイト



ファミリー | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/30(Mon) 23:01  食べるって幸せ!の旅@宮崎
食べ過ぎDAY。

昨晩からお邪魔していた、
旦那くんのお父さんの一番上のお姉さんのお宅にお泊まり。

昨晩から引き続き、朝からまたおいしい朝ごはんに、もぐもぐもぐ。。。
あじの干物、あじの南蛮漬けに、焼きなす、かきあげ(宮崎では「がにあげ」というらしい)、、

おいしいごはんをみんなで「おいしいね~」と言いながらいただくって、
なんて幸せなんだろう~と思いながら、
おなかの限界を超えるほど、食べ過ぎてしまった朝。。。

0069.jpg

途中、次々に旦那くんのお父さんのご親族の方々から携帯電話にやってくる、
「寄って行きな~」の連絡に、
方々でズッキーニやらお漬け物やら、いろんなものをいただきながら、
旦那くんのご両親のお宅へ到着。


ここでもまた、おいしいものが人をつないでいて、
素敵だなぁと思う。


そして夜は、お待ちかね♪

宮崎を旅行中のわたしの両親も合流して、
旦那くんのご両親の経営するレストランにて、フランス料理を♪

宮崎の地元の食材を使ったおいしい~お料理。

ボンタンと鰆のカルパッチョに、宮崎和牛の刺し、和牛の網焼き、
途中でいただいたズッキーニのお花のフリットが添えられたまとう鯛、
カリフラワーとしいたけのパイ包みスープ、自家製パン、デザート、
もうとにかく全ておいしくておいしくて、、

すべてが彩りも美しくて、五感をそそるお料理ばかり。

もう~こんなにおいしいものをたくさんいただいてしまっては、
罰があたるのではと思うくらいで、、
0068.jpg

それをまたみんなで食べることが、なによりの幸せですね!


わたしの家族と旦那くんの家族。

両家が顔を合わせるのもかなり久し振りだったので、
はじめはちょっぴり緊張した感じありましたが、
おいしいお料理たちがそんなものをあっという間に吹き飛ばしてくれた。

「おいしいね」ってにこにこしているうちに、
あっという間に緊張なんてものは忘れてしまった。
そんな感じでした。

料理のもつパワーって、改めてすごい!


宮崎県のお近くにお住いの方。
宮崎県日南市の住宅街にひっそりと佇む、
アットホームな創作西洋料理のレストラン「アシエット」へ行かれてみてください。

コチラです!
旦那くんのご両親が夫婦で経営する、あたたかいお店。

オープン半年にして、予約だけでお客さんがいっぱいになってしまう、
宮崎ではけっこう話題のスポットとなっているようです。

今日も予約の電話が鳴り響いてたな・・・
スーはすごいじいばあをもったね!
ファミリー | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/29(Sun) 23:50  家族っていいなぁの旅@宮崎
スー、初めての飛行機!
ついにこの日がやってきました。

宮崎でレストランを経営している旦那くんのご両親のもとへ。
お店が忙しく、まだ生のスーに会わせられていなかったので,
今回がやっとやっとの初対面です。


家から羽田空港までの長い道のりを無事に連れて行けるのか?
産まれて4か月も経たない赤ちゃんを飛行機に乗せて大丈夫なのか?
などなど、色々と心配はありましたが・・・

羽田空港までの道のりは、スーは全く目覚めることなくクリア。
飛行機の機内も、離陸と着陸時に耳抜きをさせるために授乳をさせたとき以外は、
ずーっと寝ていて、これまた難なくクリア。

0066.jpg

案外すんなりと、宮崎のおじいちゃんおばあちゃんに会うことができました。


さて、やっと孫に会えて喜ぶじいばあとの時間を楽しみつつ、
すぐに空港を出発。

初日からたくさんの方々にご挨拶です。

宮崎の各地に住む、旦那くんのお父さんのご兄弟(6人兄弟!)のおうちを巡りながら、
最後は一番上のお姉さんのお宅に集結。

ご兄弟やそのお子さん方含め、なんとまあ20人近くの方々が、
素敵な田舎料理の数々と共に、私たちのために集まっていただいていました。

すべて手作りの愛情たっぷりのお料理はどれもこれも本当においしいし、
皆さんよく飲んで食べて、歌ったりしゃべったり、、
たのしかった~

スーもたくさんのはじめましての方々相手に、
お得意のお愛想ふりまきまくり!

たくさん抱っこしてもらって、たくさんかわいがっていただけて、
とーちゃんかーちゃんも本当に幸せでした。
0067.jpg
この一家、なんてあったかいんだろう。

こんなに仲が良くて、こんなにお互いのことを常に大切に想って、
とにかく家族の絆を心から大事にしている一家。

彼のご両親や東京にいるご親族の方々には何人かにお会いしたことがあり、
どの方もとにかくあたたかくて大好きで。

旦那くんと付き合い始めてから、
もう、彼に惚れたのか、彼の一家に惚れたのかわからなくなるくらい(笑)。


今回は宮崎のご親族の方々にもお会いできて、
はじめましてのわたしのことも、一人の家族としてあたたかく迎えてくださって、
改めて、家族っていいなあと実感してしまいました。

 
同じ食卓で、みんなでおいしい料理を囲むことの楽しさ、
そして家族の料理をつくるようになってはじめて分かったそのありがたさ。

一人っ子のわたしには、一気に兄弟姉妹が増えた気分。

スーと同じくらいの月齢のはとこもたくさんで、
宮崎という、東京に住むわたしにはしょっちゅう来られる場所ではないながらに、
なんだかこれからが楽しみになってしまう、初日でした。

家族って、いいな!
ある出来事(2~5ヶ月) | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/28(Sat) 23:42  人と人をつなぐおいしいもの
今日は旦那くんが以前やっていたバンドのマネージャーさんフーフのお宅へ。

電車に乗る時間20分くらいと、これまでで最長でしたが、
スーは車中も歩き途中もまったく泣かず、無事にお宅に到着。


いつもいつもお世話になっているだいすきな2人。
0065.jpg

奥さんはとってもかわいらしい高い声の持ち主で、
スーはその周波数が心地よいのか、彼女に会うと特にご機嫌。

今日は旦那さんの様子も気になったらしく、
ちらちら2人のほうを見ては、ニッコニッコ笑いをふりまいていた、
ソトヅラのいいスーちゃんです。


2人はいつもおいしいものを見つけては、
わたしたちにおすそわけをしてくださる。

おいしい調味料やゴハンのオトモ、お菓子などなど、、

そのおかげでわたしたちもついつい、
大切な人への贈り物には、彼らから教えてもらったものをチョイスして、
ついつい教えたくなってしまっている。

今日もたくさんのお土産をいただいて、
重いねー重いねー嬉しいねーといいながら、
お宅をあとにしました。
(いつもいつも、本当にありがとうございます!!)


そのあとは、その街で旦那くんお気に入りのカレー屋さんへ!

わたしは1度しか来たことがなかったのですが、
あの味が忘れられず、、

テイクアウトをお願いすることに!

ちょっと怪しげなオーラを放ち、口数の少ないマスターのMさん。
のはずが、旦那くんとスーの姿を発見するなり、満面の笑顔!

ありがたくカレーを受け取って帰りました。


コクと甘みの絶妙なバランスのポークカレー。

おうちに帰ってから、もうそれはそれは「うまいうまい」とうなりながら、
おいしくいただきました。


おいしいもの。

知っていると、つい教えたくなる。

知っていると、つい「おいしいところがあるんだよ~。行ってみる?」
と誘ってみたくなる。

そんなふうに、人と人をつなぐおいしいものを知っているって、
ステキなことだと思います。
しみじみ | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/27(Fri) 23:47  苦くて甘い思い出の味
昨日、旦那くんがブルボンの「ホワイトロリータ」を買ってきて、
ちょいちょいつまんで食べています。

小さい頃からだいすきな味!

久々に食べたら、やっぱりおいしい~!
と、にこにこ顔になるとともに、ふっとあの日を思い出す、
ちょっぴり苦い味です。


というのも、出産を控えた前夜の出来事。

「入院時には、分娩の所要時間が長くなる可能性もあるから、
入院グッズの中に、さっと食べられる軽食を用意しておくといいですよ」
という産院からの案内により、
入院グッズとしてバッグに潜めていたのが、このホワイトロリータ。

いや、ふつう軽食といえばおにぎりとかでしょ?
というつっこみが聞こえてきそうなものですが、、

妊娠中に読んでいた、妊婦向け雑誌の「出産体験記」のようなもののなかに、
「陣痛が長引いて苦しいときに、
妊娠中にずっとガマンしていた甘いものを、ここぞとばかりに食べました」
といった記事がありましてね、、

それを読んで、
「なるほどね、入院中はしんどいから甘いものがいいのか!」
と勘違いしたわけです。。。


出産前日、お昼過ぎに破水してすぐに入院することになり、
お昼ごはんを食べていなかったので、お腹が空いてしまい、、

付き添ってくれていた旦那くんと、
陣痛室で寝っ転がって腰をさすってもらいながら微妙な陣痛を逃しつつ、
2人してホワイトロリータに手を伸ばし、、
2人ともだいすきなもんだから、その手はとまらず、、

陣痛室に様子を見に来た助産師Kさんに、
「こら~!こんなのこんなにたくさん食べて~!
赤ちゃん出てきづらくなるよ~!?もう食べちゃだめ!」
と怒られてしまったのでした。。。


ホワイトロリータを食べたら、
なんだかとっても恥ずかしい気持ちになったのを、
また思い出してしまった。。。
0064.jpg

苦くて甘い味。

いつの間にか、2人にとってそんな思い出の味となってしまった、
ホワイトロリータ。

やっぱりだいすきだけど、これから食べる度に、
あの日のこと、お世話になった素敵な助産師Kさんのことを思い出すことになりそうです。
しみじみ | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/26(Thu) 23:40  刺激への反応
スーは、脂ろう性湿疹という湿疹の治療のため、
定期的に皮膚科に通っています。
(思春期のニキビのようなもので、代謝がよく、脂も多いために、
この時期の赤ちゃんの多くに発疹するもので、一時的なものらしい)

今日も病院に行って、診てもらっているとき。

お医者さんが「カビがいないかどうかチェックしますね~」といって、
スーをはだかんぼにして、脇の下をピンセットでちょんちょん。

すると、スーはくすぐったかったのか、
体をよじって、「むふふ」といった感じの笑みを浮かべた・・・!
0062.jpg

こういうのって、赤ちゃんは嫌がって泣きそうなもんですが、、

そういえば、産院での1ヶ月検診のときも、
ビタミン剤を飲まされたり、体の成長チェックのために(?)体を触られて、
周りの赤ちゃんはぎゃんぎゃん泣いていたにも関わらず、
スーは1人、にやーっと笑みを浮かべたりしていた気が、、

知らない人から触られたり、慣れない刺激を与えられても、
笑ってしまうようです。


あと、わたしや旦那くんがスーのほっぺを指でツンと押したりすると、
その指を口で追ってぺろっとなめようとする行為も、おもしろい。

おでこをツンとしても耳のほうをツンとしても、
意地でもぺろっとしようと頑張って口を持っていこうとする。
そして、にやーっと笑ったりする。

「ツン」は、スーにとって気になる刺激なんだろう。


そして、にゃんちゅうがわたしたちフーフからよく与えられている刺激。

まっしろな毛のにゃんちゅうは、体のあちこちに茶色いぽちぽち模様があるのですが、
よく旦那くんとふざけて、そのぽちぽちを押して遊んでいます。
0063.jpg

その刺激に対して、
ぞぞぞーっとおしりのあたりの毛が立って、しっぽまでぴょんっと立ってしまう様は、
かなりかわいくて、ついつい何度もやってしまう。。

かまってもらえるのが嬉しいのか、そこまで激しく抵抗しない日もあれば、
あからさまに怒ってネコパンチをくらわしてきたり・・・


赤ちゃんもネコも、刺激に対していろーんな反応を見せてくれるから、
ついついたくさん「ツン」したり「ぽちぽち」してしまう、
わたしたちフーフなのです。
成長&観察日記(2~3ヶ月) | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/25(Wed) 23:38  居酒屋でびゅー
スーが産まれてからというものの、すっかり縁遠くなってしまっていた、
地元のお気に入りの居酒屋さん。

数時間であればスーを連れ出しても大丈夫そうな頃合いになってきたので、
旦那くんの弟くん&彼女ちゃんの大学卒業祝いということで、
久々に行くことに♪

もちろん、たばこの煙などは絶対にNGなので、
開店直後の空いている時間帯をねらって。

そしてもちろん、またもやアルコールはガマンで。


大好きだったレバ刺し、やっぱりおいしいー!と興奮。

菜の花&たらの芽&こごみの天ぷらも最高においしくて、
やはり季節の食材を楽しむのはいいなぁ、と。
そして、揚げ物は外食に限るなぁ、と思ってしまいました。
0061.jpg

こういう食べ物に久しく触れていなかったので、嬉しかった~。


さてさて、居酒屋さん初体験のスーと言えば、
泣きもせず、キョトンとした顔でわたしの膝の上にちょこーん。

途中ぐずったかと思えば、縦抱っこしているうちに、
わたしの肩の上で、ぐで~んとして寝てしまいました。。。

肩で完全に脱力されると、もうけっこうな重みを感じるようになってきた、、
でも、この姿は本当にいとおしいものです。


今日は授乳のタイミングもあり、あんまりゆっくりできなかったけれど、
外食もたまにはいいもんです。

そして、とーちゃんとしては、将来大きくなったスーと一緒に、
お酒をたしなめるようになる日が楽しみなんだろうな。

まだずーっと先の話か。
いや、あっという間かな?
ある出来事(2~5ヶ月) | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/24(Tue) 22:10  落ち着く場所
スーは最近、眠いのになかなか寝付けなくてぐずるようなときがある。
ぎゃんぎゃん騒いで、ある瞬間にぱたっと眠るときがそう。

とにかく騒いでどうしようもないときは、
まずわたしが仰向けになってスーをその上に腹ばいにさせて、唇を吸わせる。

そうすると、無心にわたしの唇を吸って、あるときぱたっと眠る。

上目遣い気味に必死に吸うスー、たまらなくカワイイです。
そして、このときのスーのプンッとお尻が突き出たうしろ姿は、
旦那くん的にもかなり萌え~、のよう。
0059.jpg
ただ、今日はこの唇吸わせ技も効き目なく、眠りにつかず困っていたら、
見かねてやってきた旦那くん。

スーを取り上げ、自分の布団でスーを腕枕。

そうしたらぱたっと泣き止んだ。
旦那くんの腕枕、先日に引き続き、落ち着くらしい。

きー!うらやましい!
と、思いながら自分もスーの隣に並んで川の字。

この瞬間、もう2人とも幸せいっぱいに包まれます。


そして、ふとベッドのほうを見上げると、
毛布の上でごろごろ言いながら寝付いてしまったにゃんちゅう。

わたしの寝ているベッドの毛布のもこもこ感が好きらしく、
かなりの落ち着く場所になっています。


あとひとつ。
にゃんちゅうには落ち着く場所があります。

それは、旦那くんの服の中。

旦那くんの仕事の最中もずーっと、
服の中で落ち着いてごろごろ~~~言う甘えん坊猫です。
0060.jpg

でもあまりに安心しすぎて、
今日は旦那くんにポトッと落とされて、そのままコケたらしい。。。

ネコって普通、もっと反射神経いいでしょ。。
しあわせタイム | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/23(Mon) 23:23  しゃちょーさん!
今日は旦那くん二日酔いのため、スタートの遅い1日。。

まぁ、昨日は楽しすぎたもんね・・
たくさんの笑いを提供してくれたU&Aカップル、最高!


さてさて、スーの首が座ってきたので、
最近は少しずつ座らせるようにしています。

リビングで食事をしているときなどは、
ハイローラックというベッド兼イスのようなものに寝かしつけられていたスー。

これ、成長に応じてリクライニングの段階調整ができるので、
最近になってリクライニングを少し起こし気味にしています。

この姿、かなり萌え~。です。

なぜって、ハイローラックの色がツヤツヤの黒で、
体よりもけっこう大きめ。

でもって、完全に座っているわけではなく、
ちょっとだけリクライニングが起こされた状態なので、
ちょっと体は後ろに反り気味で、
自然と手が体の脇にぴしっと置かれていて、、

ちょっぴり偉そうな感じ。

その姿はまるで、ドラマでよく見かけるような、
社長椅子に座っているしゃちょーさん!
0057.jpg


チビしゃちょーさんをお誕生日席に座らせて囲んだ食卓は、
なんだか新鮮♪

スーもやけにご機嫌で、
あうあう言いながらとーちゃんかーちゃんの顔を交互に見て、
ニヤーッと笑ったりするもんだから、2人は大興奮。

「スー、お父さん好きなのー。そっかー!」なんて言いながら、
2人してデレデレしてしまった本日の晩ご飯でした。


ちなみににゃんちゅうは毎日、
わたしが一人暮らしのときに使っていたお気に入りのソファに、
しゃちょー気分で偉そうにどかっと座っています。

が、最近ニブさが増したようで、、

ソファの端のほうで毛づくろいをしながら、
たまに「ドンっ」とニブい音とともに、頭からゴロンと床に落ちたりしている。。


ちょいとにゃんちゅうくん、、
しっかりしてくれたまえ、、
と、スー社長。
0058.jpg

成長&観察日記(2~3ヶ月) | CM:0 | TB:0| edit
2009/03/22(Sun) 23:23  笑いの中で生きる
今日は、3月に入籍した友人UくんとAちゃんの結婚祝いで、
わたしたち含め4カップルが大集合して餃子パーティー☆

いやぁ、本当に楽しい会でした。

昼間から集結して、飲みながらみんなで餃子を包んで♪
(悪いかーちゃん、今日はノンアルコールビールでガマン!)
0054.jpg

餃子、ウマ~!!
で、みんな箸が止まらず、しゃべりも止まらず・・・

とにかくよく笑った~。

新妻Aちゃんが、これから焼くための餃子が椅子に置かれていることに気付かず座り、
餃子がつぶれるというまさかの大ハプニングが起こったり。
(もちろん縁起物ということで、
このプレス餃子は皆でおいしくいただきました☆)

若旦那Uくんは日本酒でべろべろに酔っぱらい、
わけのわからない言動だらけになるわ、椅子から落ちかけるわ、
モノがなくなったと騒いだと思ったらポケットから出てくるわ、、

このめでたい新婚カップルは、
たくさんの笑いの神様に囲まれながら、幸せそうに帰っていきました。
0055.jpg

それにしても、あれだけの大きな笑い声の中、
スーはまったく動じず、じーっと座っていたり笑っていたり寝ていたり・・

(新妻Aちゃんに笑いの神様がおりてきたときは、
みんな涙流して腹抱えるくらいに笑っていて、相当なボリュームだったので、
さすがに「なにごと!?」と、びっくりしたような顔はしていましたが・・)

やっぱりこのコはニブいのか?


でもきっと、わたしのお腹の中にいるときから、
わたしの声やいつも周りでワイワイしている声がうるさかったから、
慣れっこ、いやむしろ安心するのかな。


スーには、うるさいくらいの笑いの中で生きていってほしい。
そうすれば、きっとステキな人生になると思うから。

だから、今日も明日もおいしいゴハンを囲んでワイワイ生きていきます♪


さて、さすがにスーも疲れたのか、
皆が帰ったあとにすぐに眠くなりだしたよう。

酔っぱらった旦那くんの腕枕で寝ついてしまい、
そのあまりのかわいい寝顔に、
「やばい、カワイイ・・・」と、
しばらくスーを囲んで、川の字で寝てしまったとーちゃんかーちゃんでした。
0056.jpg

ある出来事(2~5ヶ月) | CM:0 | TB:0| edit