FC2ブログ
子育てにゃんこ育て

我が子とネコとの暮らしを、旦那のイラストと共に綴る、新米ママの絵日記です。
2011/02/21(Mon) 15:42  「子供持つ欲求」日本最下位!?
先日、考えさせられるニュース記事を読みました。

「子供持つ欲求」日本最下位 妊娠の国際意識調査で判明

「充実した人生には子供が必要」と考える日本人カップルの割合が、
世界18カ国中最下位という調査結果があるそうです。

こういうデータって、どこまで信じていいのか微妙なところだとは思うのですが、
日本にはやはり、子供を持つということに対してポジティブな気持ちを持てない人が多いよう。

そりゃ大変だけどさ、でもとても幸せですてきなことなのに!
改めて、出産・育児に対してポジティブにとらえる人をなんとかして増やせないものかと、
考えさせられます。


常々こんなことを考えているため、先週末は、
同じような考えをもつ方に会ってみたいと思い、
「しあわせなお産」を提唱されるバースコーディネータの大葉ナナコさん
妊娠準備の基礎講座~バースセンスレッスン~という講座を受けてきました。


すでに妊娠は経験済みなんですがね、、
知らなかった-!もっと早く知っていたかった-!」ということがたくさん。

赤ちゃんのへその緒は、50~60cmくらいになっていて、
切らなくてもちょうどお母さんが胸に抱っこできるくらいの長さなんだとか。

出産のときは、助産師さんが赤ちゃんを引っ張り出すようなイメージがあるけれど、
実は赤ちゃんが自身の力でくるくる回りながら骨盤の中を頑張って通って生まれ出てくるんだとか。

陣痛は「愛のホルモン」が出ているんだとか。

毎月の月経、そして妊娠や出産のメカニズムを聞いて、
女性の体ってすごい!赤ちゃんの生まれてくる力ってすごい!
という思いでいっぱいになりました。

こういう情報、もっと早くに知っていたら、、、

もっと自分の体を大事にしていただろうし、出産という出来事を楽しみにできただろうし、
「痛い」「怖い」というイメージでガチガチに緊張して臨んでしまった陣痛も、
もっと穏やかな気持ちで乗り切れただろうに。



出産や妊娠に関する知識を早いうちに身につけておくことは、
まだ出産を考えていない女性にとっても、大事なことだと思います。


「働き続けたいから、子どもはまだ先~!」なんて思っていても、
いつ急に「子ども欲しい!」と思い出すか分からないし、
いつ急に「子どもを授かった!」となるか分からないから。


出産前のわたしのように、
「子どもはいつかは欲しいけど、今はなぁ・・」って考えている方には、
子どもがいる生活って、たぶん想像以上に楽しいものですよ~!って伝えたい。

今は、赤ちゃんに触れたことのないまま大人になる人も珍しくなく、
「子どもがいると、どんな生活になるか?」がイメージできにくいことが、
「子ども持つ欲求」を下げている要因なのかな?とか思います。

だからなのか、わたしたちフーフは、友人が遊びに来たりすると、
「結婚っていいよ~、子どもっていいよ~」なんてすすめて(?)しまったりします。
0370.jpg
スポンサーサイト



lifework | CM:0 | TB:0| edit
2011/02/10(Thu) 09:45  「出産」という転機は武器にできる?
昨日、「働きながら子育てする」ことを「選んで」いると書いた()ので、
今の仕事が楽しくてたまらない人、という印象を与えたかもしれません。
でも実は、答えは「NO」です。

悩んで、いや、考えています。
これからの自分の人生のこと。仕事のこと。


先日、「Ryhthmoon」という女性フリーランスをつなぐコミュニティサイトの交流会に参加しました。

たまたまこのサイトを見つけ、
たくさんのすてきな女性フリーランサーのインタビュー記事を読み、
「フリーランス」で生きている女性の「人生」を初めてまともに知り、
興味を持ったのが参加のきっかけでした。

このプロジェクトの発起人は、webプロデューサーのオノリナさん
(第2子を妊娠中のお母さんで、しなやかな雰囲気がとてもすてきでした☆)

結婚、出産、育児、夫の転勤、介護......などの"ライフイベント"が起こった際に、
何かをあきらめるのではなく、柔軟にスタイルを変えながら、
自分らしく働き続けるのを応援したい!

という思いから始まったプロジェクトだとか。(Ryhthmoonサイトより引用)

このことばにピン!と来たんです。

Ryhthmoonサイト内のインタビュー記事でも、当日の交流会でも、
子育てをしながらも自分らしい働き方を見つけ、フリーランスで働くたくさんの女性たちの姿に、
強く刺激を受けました。

彼女たちを見て感じたのは、
出産」は女性にとって、キャリアダウン(?)と思われがちだけれど、
出産」という出来事を、ちゃーんと武器にしているのではないかということ。

出産・育児をきっかけに、興味の対象を広げ、仕事の幅を広げたり、
仕事をする時間を効率化させるよう工夫できるようになっていたりと、
子どもがいることでさえ武器にして、社会のために働いている。
(もちろん大変なこともあるのだろうけれど)


だって、守るべき大切ないのちがあるから。
過去を振り返ってくよくよしたりする暇なんてあったら、
子どもの未来を考えて、ポジティブに前に進んでいかざるを得ないんじゃないかと思う。母は。


そう考えると、女性にとって「出産」という出来事は、
人生を好転させる力をもっているような気がする。

だから、「出産」そしてそのあとに続く「育児」をもっともっとポジティブハッピーにするために、
世の中に何か仕掛けられないかなぁなんて、このところ企んでいます。
0369.jpg

lifework | CM:0 | TB:0| edit
2011/01/25(Tue) 14:17  出産・育児は楽しい!家族は幸せ!
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

去年は、日々の育児と仕事に追われるように生活していた私ですが、、

年末年始のお休みの間に、自分の頭の中を整理する時間を設け、
今年は去年よりも冷静に、育児や仕事に向き合えている気がします。


今年は仕事以外にも、
いろいろなことにチャレンジしていきたいと考えています。

まだ漠然としか見えていませんが、
いま一番やりたくてたまらないことは、
出産や育児を「楽しい!」と思える人を世の中にもっと増やしたいということ。

だって、出産は、信じられないくらい幸せな出来事だったし、
育児をしながら働くことは、「母」でもなく「妻」でもない、1人の女性としての時間をもつことで、
自分自身のバランスを保つ、とても楽しいことだから。
(大変なことはもちろんありますが)

でも、そう思えたのも、実際に出産してみてからのこと。

私自身、妊娠するまでは、出産に対して「お腹が痛いのは嫌・・・」と怖がったり、
育児しながら働くことに対して「社会の役割から外れること」と考えたりと、
けっこうネガティブにとらえていました。

でも、出産する前に、
育児しながらも生き生きと働いている女性のモデルや、
子どものいる暮らしを楽しんでいる家族のモデルを、もっともっと知っていたら、、

もっと「出産」という出来事が楽しみになって、
出産後の生活をより充実させるために、
出産前にいろんなことを学ぼうとしていたはず。

(今更になって、食のことや日本の伝統行事など、
時間に余裕のある出産前にもっと学んでおきたかったことがたくさん頭に浮かぶのです、、)


実際には、出産前に母子手帳と一緒に配られるチラシや、
病院の産婦人科に貼られているポスターなど、目に入ってくる情報は、
「○○お腹の赤ちゃんに悪いから食べないように」など、
自分の生活を規制されて、楽しくなくなるような情報ばかり、、

出産までの間に知っておくべき情報ってもっと他にあったでしょう?
と思うのです。

妊婦搬送問題や派遣切り、育児ノイローゼといった、
「出産や育児は大変」とすり込ませてしまうニュースも要らない。

それこそ、出産後に楽しく暮らす家族の姿だったり、
季節の伝統行事や日々の食事を子どもと一緒に楽しむヒントだったり、
仕事をして帰ってきて、寝る前に絵本を読んであげる幸せだったり、
ワクワクするような情報が、私は欲しかった。

そんな希望が見えるだけで、
出産や育児は何倍にも楽しくなるものだと思います。

もちろん、あくまでも「私が」欲しかっただけで、
他の方も欲しい情報とは限りません。


でも、
出産や育児に対してポジティブにとらえる人が増えれば、
きっと世の中はもっと明るくなるはず

と思えてならないのです。

だって「家族」は社会を構成する最小単位だから。
それぞれの「家族」が幸せで笑顔に満ちあふれているなら、
それぞれの「家族」で構成される社会もきっとすてきなものになるはず。

0364.jpg


そんな夢みたいな話に少しでも近づけるために、私は何が出来るのか模索するため、
今年は自分のできるところから動いていきたいと思っています。

このブログでも報告できるレベルにまでなるといいな。



でも、そうやって自分がやりたいと思うことばかりに目が向きすぎると、
家事もおろそかになり、パートナーである旦那くんへ負担をかけてしまうのが私の悪い癖のようで、、
ここ数日のうちに何度となく「」が勃発しています。

(過去の夫婦喧嘩を笑いにするために、
あえてお互いに「いくさ」と呼んでいる。。)
0365.jpg


お互いのやりたいこともサポートし合いながら、
育児も家事も共に楽しく分担し、笑顔の絶えない夫婦


これも、今年の目標になりそうです。

相変わらずゆるゆるとした更新になりそうですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
lifework | CM:0 | TB:0| edit